薬剤師の単発の報酬について

薬剤師の仕事をするならどこで働きますか。総合病院の中にある薬局や、今や多くの人が利用する調剤薬局、街の薬の良きアドバイザーがいるドラッグストアなど、ライフスタイルで選べます。ほとんどの場合、フルタイムで働くスタイルです。しかし、中には家庭の事情でフルタイムで仕事をするのが叶わない人がいます。そんな人にお勧めの勤務スタイルが単発です。短時間の勤務や、助っ人で勤務するなど、主婦や女性に人気があります。しばらく資格から遠のいていた人にとっていきなりフルタイムで責任がある仕事を任されると負担に思う人もいるでしょう。フルタイムで働く足掛かりとして、単発の薬剤師から始めてはいかがでしょう。報酬もいいのでおすすめです。

 

日払いが多い高時給の単発仕事ができるのが薬剤師

 

一般的には単発の仕事は日払いであることが多く、給料日を待たずしてすぐに収入が得られるというメリットがあります。これは薬剤師においても然りであり、時給が高く2500円から3000円程度になる薬剤師では、4時間程度の勤務であっても日給が10000円に到達するとても稼げる仕事になります。こういった利点から単発の仕事は人気があり、短期間で稼ぎたいと思っている人たちで競うように獲得されます。募集する側ももともと臨時の薬剤師の増員であったりするなど、急を要する求人であることが多いことから、応募する側も募集する側も互いにメリットのあるシステムになっています。また、日払いでないこともしばしばあり、その方が若干高時給で得であることもあります。