薬剤師求人のなかで単発で働く時の人気条件

薬剤師の単発の求人には、1日だけとか1週間だけのように短いものもありますが、調剤薬局でシフトの穴埋めのように、1周に、何時間か2~3年くらい働くと言う場合もあります。
そのような働き方を希望する理由は、その家庭にあった働き方をしたいからなのです。
したがって短期間働く時の人気条件は、家庭優先なので、扶養の範囲内で働きたいとか、子供との時間を大切にしたいので土曜と日曜は休みたいとか、駅の近くで働きたいということになります。
また、ブランクのある人がいますので、そのような場合は、初期研修を望む人もいます。
さらに薬剤師でも短期の仕事は派遣やパートが多いのですが、健康保険や雇用保険に加入したい(福利厚生がしっかりしている)事を希望吾する人が多いのです。

 

薬剤師の単発の求人は福利厚生について確認が必要

 

薬剤師の単発の仕事は一般的に高時給であり、時間の都合もつきやすいことからとても人気があります。こういった求人を探す上で気をつけなければならないのは福利厚生です。単発の案件は期間が短く、高時給であるという性質から、保険等の福利厚生があまりよくないということがあります。それを短期間だから構わないと判断してしまうか、短期間であっても業務中に事故があると困るからと考えるかは人それぞれの判断によりますが、薬剤師という仕事の都合上、予想や回避が困難なトラブルに見舞われてしまうことはつきものなので保険についてはどのような対応になるのかは確認しておいた方が良いでしょう。求人広告に載っている場合がほとんどですが、直接確認すると付帯サービスまで確認できることがあります。